2007年11月27日

ブラジル食堂

まだ潰れてねぇのか!?
しだまです。

だいぶ前に、とある食堂の話を書いたんだが、PCがぶっ壊れてデータが無くなってしまった。
読みたいという話があったので再筆する。


家の近くにある食堂の話である。
その名も「ブラジル食堂」。
妙にテンションの高い店名だが、店構えは普通の小汚い和風の食堂。
店の前に下がる暖簾には「ブラジル食堂」という筆文字が力強く躍っています。
話のタネになるかと思い、フラフラと足を踏み入れたのが失敗であった。


店内には4人がけのテーブルが2つとカウンター。
店員は婆さんと、20代半ばくらいの兄ちゃんの二人。
どう見ても完全に日本人。
調理台の鍋には味噌汁が入っている。
え…、ブラジル?

カウンターにはショーケースがあり、そこから食べたいものを選んで、店の人に調理してもらう形式。
これだけ聞くと、なんか粋な料理でも出てきそうですが、ご心配なく。
そんなことは全くございません。

ショーケースに目をやると、下ごしらえした食材が並んで…、食材?
…、食材!?

もとい、魚の死体や、野菜の死体を切刻んだものが並んでいます。
ハンバーグのタネは、火を通した形跡が無いにも関わらず、茶色い。
玉葱を炒めてから練りこんである為かと思ったが、よく見ると玉葱は生である。
イカは丸一匹、無理やり小鉢の様な物に乗せられ、はみ出た頭と足はべったりと地面に張り付いている。
表面には水気が感じられず、既に生だか干物だか分からない様子。
…、食うのかコレを。
てか食えんのか!?

ショーケースは魚屋などで見る、冷蔵機能の付いたものだと思われるが、電源が入っている様子は無い。
全品常温保存である。
そんな馬鹿な。

あまりにあんまりなので、きっとこれは見本なのでは無いかという気がしてきた。
よく見れば、奥に冷蔵庫がある。
実際に食べる食材は、あの冷蔵庫から出てくるんじゃないか?
いやいや、そりゃそうだよ、そうに決まってる。
当たり前じゃないか、アレ、どう見ても食ベレナイ。オナカコワス。マチガイナイ。

なので、ショーケースを指差し、店の婆さんに聞いてみました。


「これ、見本ですよね?」

「…、は?」

「ぅぁ…」

「………」

「いや、なんでもないです。」

「はぁ」


何を言ってんのお前マジ大丈夫?みたいな顔をされる。
見本では無い様子。
マジでか。


とは言え、喰わずに帰るとなんだか負け犬ムードなので、取り敢えず何か食べる事にする。
魚系は、どう見ても腹部を損傷する恐れがあるというか、激しく損傷するに決まっているので、比較的安全そうな「ピーマンの肉詰め」と「冬瓜の煮物」を選択。
てか、一皿にしとけよ俺。
さらに味噌汁、ご飯も注文する。
死ぬ気か。
ちなみに、ブラジル料理的なメニューは一切ありません。

で、食う。

ホホウ、ピーマンの肉詰めは、肉に下味を付けていないんだな。
なるほど、豚肉本来の旨みを引き出そうという訳か。
ソースはケチャップのみだが、熟成させてあるのだろう、不思議な風味がある。
味噌汁はダシが少なめ…、てか、ダシが入ってない!?
…フ、…フフン、味噌のまろやかさを前面に押し出そうというんだな。
米は…、な、なるほど…、あえて水を多めに…、入れ、って馬鹿か。アホか。インリン・オブ・ジョイトイか。


てか婆ァ、ちょっとここ座れ!
椅子じゃない、正座だ!
そもそも、この「冬瓜の煮物」作ったのいつだ!?
腐ってない?
腐ってるよね?
腐ってるような気がするんだけどっていうか腐ってるよこれ!明らかに腐ってるってば!
お前ちょっと、自分で食べてみろ、なんか苦いから!
その黒いケチャップ掛けて食ってみろよコノ野郎ぉ!!


とは言い出せず。
「冬瓜の煮物」はマジで危険を感じたので、さすがに残した。
他の料理も本当に不味く、ペディグリーチャム程度のクオリティー。
あの婆さん、早く死んじゃえばいいのに。


店を出るとき、名前の由来を聞くと、

「昔喫茶店だったから」

との中途半端なオチ。

「不衛生さがウリだからねぇ!」ぐらい言っても罰はあたるまい。
いや、当たるか。
てか当たれ畜生。
posted by しだま at 23:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

It's so Easy

お前がモテねぇのは、ツラのせいだけじゃねぇぞ。
しだまです。
うるせぇ。


日曜の事。
半年振りくらいに、自炊をした。

子供の頃から、割と料理は好きなのだが、1人暮らしをするようになってから、夏場はあまり料理をしなくなった。
何故か。
腐るから。凄ぇ速さで。色んなものが。


俺は、絶望的に片付けるという行為が苦手なので、飯を喰った後、食器をそのままにしてしまう事がある。
否、喰った後、必ず食器はそのままにする。
次回の自炊まで放置する。
故に、食器は凄い事になる。
都会に蠢く一塊の鬼となる。

冬場はよい。
仮に、二日程自炊しなくとも、洗えば平気。
大丈夫。大丈夫?大丈夫。

夏場は危険である。
二日自炊しなければ、そこはもう森である。
野生の王国である。
ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングルと言ってよい。
シャナナナナナナナ膝ッ!膝ッ!などと叫んでもよい。
叫んでも良いが、ジェネレーションギャップを感じて、悲しい思いをしても、それは俺のせいではない。

生命の逞しさ。
新に育まれた生命は、皿の上で新たな生態系を成す。
それは、元々が俺の所有する皿であったにもかかわらず、そこには、すでに人間の関与すべき余地は無い。
否、関与したくない。
てか、キモイ。
捨てるしかないだろこんなもん。
捨てろ。
大丈夫じゃない。
全然、大丈夫じゃない。

故に夏場は、食器が勿体無いので、料理をしない。


さておき、涼しくなってきたので料理するべぇと、台所に立つ。
立つと言っても、足元は不安定である。
足元には、謎のビニール袋や、雑誌、座椅子、プレステ2などで一杯である。
プレステ2?

………、まぁよい。一杯である。
プレステ以外にも、突っ込むべきではあるが、捨て置くことにする。

コンロにかかっている鍋を見る。
中は茶色い。
ホーロー鍋である。
鍋の中は、白であったはず。
鍋を置く。
凹む。

しばし呆然とし、傍らのフライパンを見る。
中は…、説明するのは憚られる。
フライパンを置く。
悲しくなる。

左上の棚を見ると、かつてセロリと呼ばれたものが、カラカラに干乾びている。
嗚呼…。


一度部屋に戻り、横になる。
もう少し腹が減ってからにした方がいいと思う。
根拠はよく分からないが。

なぁに、焦る事はないさ。
台所は逃げやしない。
な?ゲームしよう、ゲーム。
ああ、京極堂の新刊も、まだ読んでないな。
そういえば、昨日買った漫画も…、駄目だッ!

今だよ!
今やらなくて、いつやるんだ!?
明日やる明日やるって、お前の明日っていつだよ!?
そうだ。
立ち上がって、鍋を手に取れ。
そう。ゆっくりでもいい。
蛇口をひねって、スポンジ持って、洗剤を付けて。
いいぞ。
やれるじゃないか。

ああ、洗ってる。
俺、今、食器洗ってる。
出来るぞ。
俺にも出来る。
今こそ分かった。
明日って今だ!
ありがとう!
皆、ありが、長い。
長えよ。
うぜぇよ。


などと言う、鬱陶しい1人芝居をする事も無く。
ゴシゴシというよりは、ゴリゴリと鍋とフライパンを洗い、サクサク飯を作る。
ペペロンチーノ。

美味い。
やっぱ自炊だな。
半年振りに喰うが、自分で作る飯はやっぱり良い。
コンビニのクタクタのパスタなんか、喰ってられるか。
自炊最高。

料理はやっぱ楽しいし。
安いし。
大満足。
明日は何を作ろうかなぁ。


翌日、猛烈に腹を下す。
前言を速攻撤回。
金曜、土曜以外に自炊は出来ぬ。
posted by しだま at 00:49| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

たん焼 忍

会社の送別会で「たん焼 忍」という店に行ってきた。

会社を出る前、ちゃんと時間通りに出れるのか、幹事の人に何度か確認される。
なんでも、ちゃんと全員揃っていないと、入れてもらえないのだとか。
感じ悪。
尊大な店の印象です。
この段階で、印象点-50点。

10分程遅れて店に到着。
が、店に入れず。
遅れたため、後回しにされ他の客を入れたとの事。

あー、んー、えーっと…、アレだ。
なめてんのかコラ。


俺は、「待つ」という行為が大嫌い。
憎んでいると言ってよい。
その「待つ」行為をしない為の予約を入れたにもかかわらず、待たされる訳か。
ふざけろ。
バカか。アホか。ヤーブロッコか。

ブチギれモンです。
普段なら、チャリンコの2、3台もブン投げて帰るところですが、送別会というか、仕事絡みなのでそういう訳にもいかず。
普通に並ぶ。
あっほらっし。すったらんとしゃぁんなも。

30分程待って入店。
って、何じゃこの人口密度は!?
どの席も、小さい机にキッツキッツで入っている。
さらに、テンションやや下がり。

取り敢えず、名物の「茹でタン」を含め、注文すると意外にすぐに料理が出てくる。

以前、別の店で食べた茹でタンの感想は「焼いて喰え」。
別に不味くはないけど、焼いたほうが美味いな、と。
てか、茹でて喰ってる場合か。
旨みが逃げるだろうが。
焼け焼け。
焼いて喰えよ。
どんどん焼いてしまえ。


で、茹でタン喰ってみる。



ぅぅ

ぅぅぅ

ぅぅぅう美ん味ぇええ!!
メッチャメチャ美味ぇよ、何だコレ。
厚めに切られたタンを噛むと、中からスープがジュアッっと出てくる。
柔らかくて、口の中でホロホロ崩れる感じが心地良し。
スゲェスゲェ、凄いよコレ。
てか、焼いて喰ってる場合か。
茹でた方が美味いだろうが。
茹でろ茹でろ。
茹でて喰えよ。
どんどん茹でてしまえ。

続けて、タンシチュー、大和煮等。コレも美味い。
そして焼タン。



ぉぉ

ぉぉぉ

ぉぉぉお美味しゃあ!
茹でても焼いても美味い。
ドウスルッ!?
俺どうしたらイイッ!?
うおおおおお!


大満足。
リスペクト。
待たされた事など忘れた。
というか、人当たりが良く、チャキチャキ動いてる店のおばちゃんが

「狭くてゴメンね」

を連発しているのを見ると、あの待ち客の扱い方は、なるべくたくさんの客に喰わせる為の工夫なのだと分かる。
おばちゃんゴメンよ。
俺が間違ってた。
これからは、少しぐらい待たされても我慢…、しないけど。


お土産に、冷凍茹でタン買って帰宅。
満足。
posted by しだま at 02:36| 東京 🌁| Comment(7) | TrackBack(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

帝都軒

金曜夜、仕事終えてから、大塚にある、お気に入りの中華屋「帝都軒」に友人を連れて行く。

これまでの人生で喰ったものの中で、最も美味かったものは何か?
と問われれば、それは帝都軒の麻婆豆腐。
超即答。

初めて友人に連れて来られた時、喰ってる最中に

「どうよ?美味いべ?」

と、問われ

「うっせぇ!黙れ!」

とバッドな回答。
喋るのが惜しい位美味かったとか。

マルタケの焼肉も、冬のボーナスで取り寄せたフォアグラ700gも、実家近くの港で喰った伊勢海老も、帝都軒の麻婆豆腐には及びません。
神戸までノコノコ女に会いに行って、会うなり喧嘩別れし、腹いせに一人で食ったステーキ(7500円)とて、当然及ぶべくもございません。
ええ、ええ、及びませんともチックショウ。
まぁ、滅茶美味い訳です。

ちなみに2位は、小学校6年生のときに、親父(空手二段)に煙草吸ってたのが発覚し、ぶん殴られて左目のあたりをボッコリ腫らしつつ、かつ紫色にしつつ、家を追い出され、やむなく三日間公園の水道水で命を繋ぎ、親父が帰宅していない事を確認の上、コッソリ帰宅し、泣きながら喰った、母親の作った、やけに塩っ辛い、そう、やけに塩辛かった生姜焼きと白米。
俺は…、あの時喰った飯の味を…、忘れないっ。

が、まぁ、それよか美味い。

余計な話はさておき、この日食べたのは、

・餃子
・エビチリ
・レバニラ炒め
・酢豚
・ワールドカップ炒飯(ソーセージと、ザワークラフトの炒飯)
・RAY'sブロッコリー(ブロッコリーのオイスターソース掛け)
・麻婆豆腐
・ベジタブル麻婆
・杏仁豆腐

後は、ご飯とビールとか紹興酒等。
美味いっ!どれも美味すぎるっ!
中華最高!帝都最高!大将(店主)最高!
ジーク帝都!ハイル帝都!
ワァァァ!(歓声)

中華っていうと、割と油多めのイメージですが、ここは比較的油少なめでヘルシー。まぁ、多いのも俺は好きですが。
で、ついつい食べ過ぎる、と。
毎度まだ喰えるんじゃねぇか、みたいな展開で、大抵食べ終わると動けない。
学習しろ、俺。
ちなみに、男連中と行った時は、締めにラーメンなんですが、この日は珍しく女性のようなものと行ったので、流石に喰えず。
このラーメンがまた、種類豊富でメチャ美味い訳ですが。
黒胡麻坦々麺が特にお勧め。

お酒はビールか紹興酒がお勧め。
ビールは大将(店主)が、一番中華に合うものって事で、呑み比べてチョイスした「ハートランド」。
グッド。


たらふく食って、超満足で帰宅。
posted by しだま at 06:28| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

いやっほう!ボーナスじゃぜー!
のっけから空回り、しだまです。

さて、ボーナスシーズンですが、皆様使い道は決まりましたでしょうか?
もしくはもう使っちゃったとか。
旅行に行ったり、電化製品買ったり、もしくは慰謝料払ったり慰謝料払ったり慰謝料払ったりと、さぞ夢は広がる事かと思います。
まぁ、元気出せよ。いい事あるさ。

俺の今回のボーナスにおけるメインイベントは肉。
焼肉でございます。
やはり肉。男子たるもの肉喰ってナンボ。
ジーク肉。ハイル肉。
と言う訳で、チョット良い焼肉でも喰いに行こうじゃないかと。
で、友人と3人で行ってきましたこちらのお店。

焼肉ランド マルタケ

先週、予約取り忘れで行けなかったトコです。

で、店到着。
早速上記リンクにもある「美味いところ盛り合わせ」を注文。
その日ある肉のうち、美味い所を盛り合わせにしてくれます。
で、来ましたコレ。
どん。

marutakeNiku.JPG

ハイ、来たよコレ!
来やがりまくりですよ!

「うぉおおおお!」

一同歓声。
写真じゃいまいちですが、スゲェ色。
どっピンクですよ。
どれも目茶目茶サシ入ってるし。

てか、右側のヤツ、和牛サーロイン。
メニューに載ってねぇし。
しかも、明らかに焼肉じゃなくてステーキなんですけど。
ステーキなんですけど!
ステェキなんですけどぉおお!
美味いに決まってんだろこんなもん。
うわぁあい!

早速、ビールで乾杯して、喰ったらもうこれが、うんめぇうんめぇ。
スゲェ柔らかいのに、スゲェ歯応え。
なんかパンパンに詰まってる感じ。
で、牛タンがこれまた美味い。
なんでも一週間寝かせてあるんだとか。
塩だけなのに、なぜか濃厚な味が。

これ、革命です。
俺の中で肉革命ですよ。
コレが肉なら、俺が今まで喰ってたモンは何なんだと。
ホントは豆腐とか、オカラとか練ったモンだったんじゃないかと。
なんかもう軽く自我崩壊ですよ。

その後に注文した、カルビ、ロースも非常に美味し。
最近話題のイベリコ豚も喰ってきました。
これもチョット凄い。

大満足。
posted by しだま at 01:50| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。