2006年09月19日

空白期間

え?ああ、ブログ?
あー、いやいや、飽きてない、飽きてないって。
飽きてないってば。

お久しぶりです、しだまです。
別に、死んだ魚のような目をして、部屋でずーっと横たわっていたとかじゃないんですが、ずいぶん間が空いてしまいました。
いつも、死んだ魚のような目はしてるじゃん、と思ったお前。
来週の土日に、川に投げ込むので、水着持って来い。

さておき、何してたかってぇと、まぁ、なんか色々。
映画観たり、海行ったり、美味い焼肉食いにいったり。

海に行ったと言っても、彼女と海行って、ドキドキしたみてぇなのとは、程遠く、恐ろしいまでに程遠く。
仕事明けに、友人に車出してもらい、男4人で映画観てたら何だかテンションあがってきたので

「うぉお!海行くぞぉ!」

「ヒャッハー!」

「殺せー!」

「こんな時代に、種籾なんて役にたたねぇんだよぉ!」

みたいなノリになり、ギャーギャー騒いで葛西まで行き、塀を乗り越え真っ暗な海にザブザブ入って、またギャーギャー騒ぎ、帰る。

「ゴメン、笑いすぎでマジ事故りそうだから、ストップ」

等と言われて、シーンとしたりして来たのでした。
が、5分も黙ってられず、また騒ぐ。
子供か。


焼肉は、以前から勧められていた「焼肉屋京城」
先週の金曜に行ったんだが、先週ひいた風邪が、ぶり返しており、朝から頭痛と吐き気と下痢。
が、店に到着する頃には、脳汁の出すぎで平気に。
Beef is beautiful.

で、喰ったさ。
ぅう美味いさ。
肉柔らかいさ。
メロメロさ。
なんか口調もおかしくなるさ。

評判の上巻きロースが、ホントに柔ウマ。
肉がトロットロですよ。
たれが引き立ててるのもあるけど、脂が甘い訳ですよ。
流石はA−5肉。
松坂最高!近江最高!神戸は…、ぬぅうん…(厭な思い出)。

個人的お勧めは、ロース刺。
生の上ロースに、醤油と薬味付けて喰うわけです。
さっぱりこってり。
アレに似てるな、アレ。
何だっけ…、そうそう、マグロ。大トロ。
てか、まんま大トロの味。
ああ、トロの旨さって脂の旨さなのだな、と実感する。
舌触りは肉なので、コレ新鮮。
バーナーで表面炙ったら、これまた旨いんじゃ。

基本、厚めに切った肉をガツガツ喰うのが焼肉というイメージ。
が、今日のコレもまた良し。
薄めのトロトロ肉が口の中でとろける感じ。
いかにも極上肉。

前に行った「マルタケ」とはまた違った感じ。
マルタケの肉は、印象で言えばプにプに。
なんかチョットエロイ。

言うなれば、トロける食感「焼肉屋京城」は、透けるように色の白い、妖艶な熟女。目線とちょっとした仕草がエロイ。
対して、プにプに食感「焼肉ランド マルタケ」は、チョット小麦色の肌のジョシコーセー。パッツンパッツン健康美。

伝わってんのか、コレ。無理か。
どちらも良し。
どちらもお勧め。

俺的には、ややマルタケを押す。
京城の柔らかい食感は、柔らかい肉ってのを突き詰めていくと、成程ここまでになるのか、という感動。
マルタケはその過程が良く分からん、てか、どうやったらこんなに柔らかくて、弾力のある肉になるんじゃろという不思議な感動。
不思議分、マルタケに軍配。
冬のボーナスで、またいきませう。


他には、家族連れで賑わう公園へ、友人と5人で行き、皆で竹刀や木刀をブンブン振り回したり、ミットをバッスバッス蹴ったり。
やさぐれオヤジの園。
ぅわ、感じ悪。

「ォラア!打って来い!」

バシッ

「軽い!殺す気が足りねぇよ!殺す気で突け!」

更に感じ悪。
説明不足って怖いなぁ。
まぁ、面白いので説明しないってか、たいして事実も変わらねぇや。


後は、いつも通り呑んだくれたり。
ああ、他には一人自ギャグブームとか。
まぁ、コレは長くなるのでまた今度。

そういや、この、「また今度」って、ロクに書いたこと無いなぁ。
posted by しだま at 02:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23980775

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。