2006年10月25日

It's so Easy

お前がモテねぇのは、ツラのせいだけじゃねぇぞ。
しだまです。
うるせぇ。


日曜の事。
半年振りくらいに、自炊をした。

子供の頃から、割と料理は好きなのだが、1人暮らしをするようになってから、夏場はあまり料理をしなくなった。
何故か。
腐るから。凄ぇ速さで。色んなものが。


俺は、絶望的に片付けるという行為が苦手なので、飯を喰った後、食器をそのままにしてしまう事がある。
否、喰った後、必ず食器はそのままにする。
次回の自炊まで放置する。
故に、食器は凄い事になる。
都会に蠢く一塊の鬼となる。

冬場はよい。
仮に、二日程自炊しなくとも、洗えば平気。
大丈夫。大丈夫?大丈夫。

夏場は危険である。
二日自炊しなければ、そこはもう森である。
野生の王国である。
ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングルと言ってよい。
シャナナナナナナナ膝ッ!膝ッ!などと叫んでもよい。
叫んでも良いが、ジェネレーションギャップを感じて、悲しい思いをしても、それは俺のせいではない。

生命の逞しさ。
新に育まれた生命は、皿の上で新たな生態系を成す。
それは、元々が俺の所有する皿であったにもかかわらず、そこには、すでに人間の関与すべき余地は無い。
否、関与したくない。
てか、キモイ。
捨てるしかないだろこんなもん。
捨てろ。
大丈夫じゃない。
全然、大丈夫じゃない。

故に夏場は、食器が勿体無いので、料理をしない。


さておき、涼しくなってきたので料理するべぇと、台所に立つ。
立つと言っても、足元は不安定である。
足元には、謎のビニール袋や、雑誌、座椅子、プレステ2などで一杯である。
プレステ2?

………、まぁよい。一杯である。
プレステ以外にも、突っ込むべきではあるが、捨て置くことにする。

コンロにかかっている鍋を見る。
中は茶色い。
ホーロー鍋である。
鍋の中は、白であったはず。
鍋を置く。
凹む。

しばし呆然とし、傍らのフライパンを見る。
中は…、説明するのは憚られる。
フライパンを置く。
悲しくなる。

左上の棚を見ると、かつてセロリと呼ばれたものが、カラカラに干乾びている。
嗚呼…。


一度部屋に戻り、横になる。
もう少し腹が減ってからにした方がいいと思う。
根拠はよく分からないが。

なぁに、焦る事はないさ。
台所は逃げやしない。
な?ゲームしよう、ゲーム。
ああ、京極堂の新刊も、まだ読んでないな。
そういえば、昨日買った漫画も…、駄目だッ!

今だよ!
今やらなくて、いつやるんだ!?
明日やる明日やるって、お前の明日っていつだよ!?
そうだ。
立ち上がって、鍋を手に取れ。
そう。ゆっくりでもいい。
蛇口をひねって、スポンジ持って、洗剤を付けて。
いいぞ。
やれるじゃないか。

ああ、洗ってる。
俺、今、食器洗ってる。
出来るぞ。
俺にも出来る。
今こそ分かった。
明日って今だ!
ありがとう!
皆、ありが、長い。
長えよ。
うぜぇよ。


などと言う、鬱陶しい1人芝居をする事も無く。
ゴシゴシというよりは、ゴリゴリと鍋とフライパンを洗い、サクサク飯を作る。
ペペロンチーノ。

美味い。
やっぱ自炊だな。
半年振りに喰うが、自分で作る飯はやっぱり良い。
コンビニのクタクタのパスタなんか、喰ってられるか。
自炊最高。

料理はやっぱ楽しいし。
安いし。
大満足。
明日は何を作ろうかなぁ。


翌日、猛烈に腹を下す。
前言を速攻撤回。
金曜、土曜以外に自炊は出来ぬ。
posted by しだま at 00:49| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。