2006年07月18日

闇の中にいる何か

14日金曜。
会社の歓迎会があり、24時ごろ帰宅し、何気なく玄関のドアを開ける。

ガチャ

…ドタドタドタタタ

部屋の中から、あわてた様子の物音が

「ブォオアッ!」

バタン!

急いでドアを閉める。
なななな、何コレ何コレ!?
泥棒?
泥棒じゃないのコレっていうか、強盗?
強盗ですか?
むしろGoto?
On Error Goto ErrLabelとかのアレですか?

ErrLabel:
Kill 俺

End Sub

ひぃっ!
End Subじゃねぇよ。
洒落になんねぇよ。
俺の家なんか入ったって、何も盗むモンなんかないのに。
なんでですか。
鍵が掛かってないからですか。
いつも鍵が掛かってないからなのか。
ていうか、俺の家の鍵はどこいっちゃったんですか!?


超テンパる。

包丁持って、中に居る何かが部屋から飛び出して来たりすると、たまりません。
力いっぱい外からドアを押し付け、考える。

武器だ。
武器武器。
取り敢えず何か、武器が要る。
とは言え、会社→飲み会→帰宅、な訳で。
会社にメリケンサック持って行くプログラマーなぞ、居るわけも無く。
武器なぞ無い訳で。
仕方なく、右手に小銭を握り込んで武器代わりに。

心細い事この上無いが、何とかこれで状況を打開しないとどうにもならない。

バタンッ!

思い切りドアを開けて、その影に隠れる。
少しだけ顔を出して、中を覗く。
廊下の向こうでは、部屋のドアが半開きになっているが、暗くて中はよく見えない。

どうしよう…。
一気に踏み込むか。
てか、窓から逃げててくれりゃいいんだけど。
逃げててくれないかな。
逃げててくれればいいのにって言うか、逃げろ。
早く逃げろ。

カタン…

「ブワァッ!」

中で物音が。
なななな何かいるっ!
まだ居るよチックショウ!
怖い怖い怖いっていうか怖すぎる。
何で俺がこんな目に。
家に鍵掛けてネェからか。
部屋の鍵なくしたからか。
探すから!
探して見つけて鍵掛けるから!
勘弁してくれよぅ…。

などと思っていると、ドアの隙間で何かが動くのが見えた。

「ぅおっ!」

急いで顔を引っ込め…、ん?
んん…?
んんん…?

もう一度家の中を覗いてみる。

「ニャ〜」

中に居たのは、いつも餌をやっている、近所の野良猫。
トテトテと、玄関口まで歩いてきてニャウニャウ言っている。
早くあがったらどうだとでも言わんばかり。
お前の家か!

部屋に入って、脱力。
緊張しすぎて力が入らない。
窓を見ると、拳ひとつ分位開いている。
どうも自分で開けて入ってきた様子。
要らん芸憶えやがって。


一時間程、部屋で放心した後、餌やって寝る。
部屋の鍵は探さず。

疲れた…。
posted by しだま at 01:22| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。